So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行 秋田県西馬音内 羽後町の盆踊り [旅いろいろ]

西馬音内の盆踊り。

それは今では廃刊になってしまった季刊誌『銀花』で初めて知った盆踊り。
西馬音内と書いて、「にしもない」と読むその町で8月16日から18日までかがり火を焚いて、舞う踊りです。

image3.jpg

この盆踊りの歴史は鎌倉時代から繋がっているとの話で、その踊りのシナから、合わせて踊る笛太鼓や歌、踊り手の衣装の布を剥ぎ合わせている様は絶妙に艶っぽく、美しい。
日本人の美意識って素晴らしいなって感動する。

image7.jpg

この盆踊り、最近では珍しい姿をした踊り手を撮影するために輪の中に入って踊りの流れを遮ったり、衣装や身体に触れたりする観光者もいるらしい。確かに、美しい盆踊りだけに私のように遠くから訪れて写真を撮ろうとしている人が大勢いました。
盆踊りがスタートする前に主催者からのアナウンスで「輪の中に入って写真撮影はしないように」との注意があったにも関わらず、、、そっか、もしかしたらそんな事撮る気満々の人にとってみれば、フラッシュのバッテリー確認とか、撮影のテストをしていたりで、耳にはいっちゃいないか。
盆踊りがスタートしたら、踊り子の列の真ん前に一人立ち、二人たち・・・そのうちに20人くらいの団体になり・・・見物席(2,000円~)を購入している私たちから見えるのは一部の踊り手とフラッシュをたく写真愛好者の姿。

実は結構怒ってます。
ルールを無視する写真愛好者にも、それを注意しない盆踊りの主催者側にも。
そう、盆踊りスタッフの人達も踊り手の周りをうろうろして用もないのに動こうとしないのは、
多分こんな催しに慣れていないからかな。

翌日、町の人に聞いた話では、ここ数年観光客が以前に比べて減っているとの事。
原因はどうやら私が感じた憤りと同様らしい。
10年程前に一度訪れ、今夏が二度目の訪問でしたが、残念ながら私達も最後の西馬音内盆踊りとなりそうです。

image5.jpg

現在は年に一度の観光の目玉、町にとっては一気に人口が膨れあがる三日間。
でも、本当は伝統を守る為にはこの土地で生まれ育まれた人たちの手から手にひっそりと受け継がれていくもので、商売の種にするとロクな事にはならないんじゃないかと心配になる。

image8.jpg

本当に東京の盆踊りとはまったく異なる文化、美しいです。

ところで、季刊誌『銀花』はすでに廃刊になってしまったわけですが、こんなに記事も写真も内容のいいものはないと今でも思っている。
本棚にずらりと並ぶ『銀花』は私の宝です。(あ、話がずれてしまいましたね。笑)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 2

いづき

初めまして♪
西馬音内盆踊りにおいでくださり、ありがとうございました!
おもてなし下手な秋田県。
行き届かない部分が多々あったようで…(T△T)
でも、これに懲りずにまた機会がありましたら、羽後町まで足をお運びくださいませ~m(__)m
by いづき (2014-08-31 20:49) 

Linda

いづきさん
コメントを有難うございました。
又、美しい踊りを見せていただき、有難うございました。

羽後町まで東京から550キロ、かなり遠いと思いますが西馬音内の魅力に惹かれて毎年夏の旅行先にこの地名が上がります。
又、機会があったら伺いますね!
by Linda (2014-09-04 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。